2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.27 (Sun)

「童話の部屋」設置のお知らせ

◇「部屋」の設置について
この度、音の文学館は「部屋」を設置することに致しました。
最初に設置するのは「童話の部屋」です。
昨年末に発売した「セロ弾きのゴーシュ」
今年夏に発売予定の「注文の多い料理店 ほか」(仮名)
上記の二作品は今後、「童話の部屋」の作品として扱っていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

◇「部屋」設置の経緯
今回、「部屋」を設置することにした経緯について、
ここで少し説明させていただきたいと思います。
音の文学館では、設立以前から朗読作品の選別について繰り返し議論を重ねて参りました。
これまで検討した作家を列挙しますと。。。

芥川龍之介, 有島武郎, 泉鏡花, 伊藤左千夫, オー・ヘンリー, 小栗虫太郎, 梶井基次郎, 黒岩涙香, 小泉八雲, 太宰治, 新見南吉, ペロー シャルル, 宮沢賢治, モーパッサン ギ・ド, 夢野久作
など

他にも幾人かおりますが、省略させていただきます。
どの作家の作品もさすがに半世紀を超えて生き残っただけあって、
いずれも大変個性的で、一筋縄ではいかないものばかりです。
こうした作品群を「音の文学館」という単一の名称で括ることに、私たちは違和感を覚えました。
宮沢賢治も、黒岩涙香も、なるほどどちらも優れた作家には違いありませんが、
方向性があまりにも違いすぎて、とても同じ枠の中に収まるものではありません。
この度の「部屋」の設置は、こうした違和感を少しでも和らげることを目的としております。
どの作品をどの「部屋」に割り振るかは、私たちの独断と偏見で決めていくことになりますので、
納得のいかないところもあるかと思います。
その際は、是非、そのご意見をお聴かせください。、
今後の参考にさせていただきたいと思います。

以上、部屋の設置についてお知らせさせていただきました。
ご意見等ございましたら、コメント欄もしくはメールにてご連絡ください(トラックバックでもかまいません)。
よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:58  |  お知らせ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

「注文の多い料理店」についてのブログリンク集

注文の多い料理店 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
2008/01/28(月) 01:57:24 | 最新ブログをまとめて検索
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。