2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.28 (Thu)

今後の活動方針と次回作について

前回更新の私の対応について、またこれまでの私の対応について。
コメント欄、メールなどから、さまざまな意見をいただきました。
また、音の文学館の活動に協力してくれている友人数名からも、
さまざまな意見をもらいました。

前回の対応について、正直な友人から以下のようなコメントをもらいました。

「守秘義務で細かい数字を言えないのに、お金の話が多すぎて胡散臭い」
「製作者側の考えを消費者に分からせようとすること自体がわがまま」
「対応がヒステリック」
「騒がれたいだけに見える」
「賢治や、沢城さんや、竹岡さんの迷惑を考えろ」
「何もしていない人も犯人候補ってどこの小学校の全体責任だよ」
「何に怒っているのか分かりにくい(売れていないこと? アップされたこと自体?)」
(以上、要約)

こう言われた時、正直に告白致しますが、
私は彼の勇気ある助言に逆ギレするような対応をとってしまいました。
しかし、冷静になって読みなおしてみれば、確かに高圧的で、ヒステリックで、上から目線で。
内容についても、肝心なところで何が言いたいのか分からない有り様。
収録での原稿チェックやコミケでの販売にも見返りを求めず力を貸してくれたかけがえのない友人に、
自分は一体何をしたのか。
また、応援下さっていた方々に、自分は一体何をしたのかと思うと、
我ながら情けなく、友人はもちろんのこと、
ずっと楽しみにしてくださっていた方々に、心労をおかけしてしまったことについては、
なんとお詫びすれば良いのか分かりません。

そもそも仮に大正の時代にニコニコ動画のようなサービスがあったとして、
賢治が同じような行動をしたとは、とても考えられないことです。
私の言動は50年以上の時を超えて生き残った作家と作品に対して、
大変失礼なものでした。
賢治とその作品を愛する方々へ、また沢城さんのファンの方々へ。
この場にてお詫び申し上げます。

また、値上げ等に関しても検討する、と申し上げましたが、
1. ニコニコ動画にアップロードされてから、売り上げが減少していたこと。
2. ゴーシュの制作費が半分も回収できていないこと。
この二つはどちらも事実ではありますが、直接的な因果関係はなく、
売れていないもっぱらの原因は、十分な宣伝と販路の確保を行わなかった私自身の責任であり、
ニコニコ動画にアップロードされた制裁のような形で値上げをするのは、
八つ当たりもいいところで、まったく不適切な処置でした。

したがいまして、次回の朗読CDに関しましては、
以前告知させていただいた通りに進めたいと存じます。

また、もし仮に再び不当にアップロードされることがあった場合も、
当事者を「音の文学館-ドワンゴ-アップロード者」に限定し、
厳正かつ現実的な対応をすることを誓います。
合わせて、まず、私が本件の権利者であることをドワンゴ側に認めてもらった上で、
再発防止のために努力していくつもりです。
(不正なアップロードを黙認することはありません)。

繰り返しになりますが、
この度はお騒がせの上、ご心配をおかけ致しましたこと、
重ねてお詫び申し上げます。
スポンサーサイト
EDIT  |  07:16  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(18)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。